GITZOはジッツォと読む

ヤフオクでポチッといった。
夏のボーナスの最大の使いみちはコレ。
100816_GITZO_blog_03.jpg
GITZO カーボントラベラー GT1541T
100816_GITZO_blog_01.jpg
1シリーズ 4段 6X。
脚の太さのグレードが1。径は24mm。
段数(脚継ぎの数)が4段。
素材がカーボンファイバーを6層に重ねたカーボン6X。
シリーズの説明はココで。
やっぱ1番の特徴は、耐荷重8kgで自重970gってことです。
要するに、
折りたたみ出来るトラベルタイプの三脚としては
最強クラスに近いものだってことです。
100816_GITZO_blog_02.jpg
自由雲台は梅本製作所 SL-40ZSC。
このサイズでクイックシュー無しの自由雲台って
なかなかしっくり来るものが無いけど、これは良いです。
ネジが締めやすい。
耐荷重は4kgですが、これはメーカーが控え目な数字で出してます。
100816_GITZO_blog_04.jpg
ロープロ フリップサイド400AWに取り付けた状態。
いいですね。
背負っても重荷に感じません。さすが970g。
今持ってるベルボンのULTRA LUX i Lは自重1320gです。
それより軽いなんて、夢のようだ。
三脚は重くて強靭な方が信頼度が高いです。
でも、
「その重さの三脚を撮影に持ち出す気になるか?」
ってことも重要ですよね。
現実的なチョイスが大切デス。
ベルボンのULTRA LUX i Lはドナドナします。

コメント